花咲かママのメンタル豆腐な中学受験日記~2019年花咲かせて~

2019年受験組男子の記録。豆腐メンタルな母と、小3からSAPIX通塾中の息子の受験の日々~ただいま、サピα上位クラス継続中~せきららに

朝学習の1つ~旧暦を学ぶ~

おはようございます 花咲かママです。

今日は暦の上では、『処暑』ですね。
この旧暦を意識し始めたのは社会人になってからかもしれません。ですが、この旧暦関連の問題が中学受験にはよく出題されます。(入試分析会で知りました)

ですが、小学生がそれを急に意識しても難しいかと思い、以前から持っていたこちら『日本の七十二候を楽しむ』を息子に読ませることにしました。

花咲かママもこの本を読んで知ったのですが、二十四節気にはさらに初、次、末候という七十二候があります。それが、この本のタイトルにつながるんですよね。

日本の七十二候を楽しむ ―旧暦のある暮らし―

日本の七十二候を楽しむ ―旧暦のある暮らし―

  • 作者: 白井明大,有賀一広
  • 出版社/メーカー: 東邦出版
  • 発売日: 2012/02/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 2人 クリック: 8回
  • この商品を含むブログを見る
 

 花咲か家では、立春からこの本を毎朝の家庭学習に取り入れています。毎日または次の候までに読むことにしていまも続いています。

イラストもかわいく、旬の食べ物も載っていてとても読んでいて楽しいです。あわよくば、季語にもつながればと思っています。毎朝5分程度ですが、チリツモ勉強の一つで大人になっても知っておいて損はない、そんな本です。

参考までに、今日はこんな感じです。

f:id:hana_saka2019:20170820102100j:image

 

 豆腐メンタルの支えに、↓をぽちっとお願いします。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ